yacheemi

記事一覧(22)

心のヒゲ

「誰が誰だか見分けがつかないね。」日常の写真を母親に見せた時のその一言で気づいたのだが、僕の周りにはヒゲばかりいる。仲の良い先輩はもちろん、同世代や後輩、インスタグラムのタイムラインもヒゲ率高めだ。単なる職業柄といってしまえばそれまでだが、その中でもある種の癖とも言えるように、積極的にヒゲに囲まれている。醤油系ヒゲ、中東系ヒゲ、実はキラキラなアイドル顔を隠すヒゲ、ヒゲにならない産毛をヒゲに昇華したヒゲ。方向性は多岐に渡るが、外野からみればただのヒゲ。個々のキャラクターについて上手く伝えるのは、なかなかに難しい。曖昧なニュアンスこそがキモ、というのはどの分野においても同じだ。ここまでヒゲを求めるのはなぜか。それは圧倒的に薄塩顔で、良いヒゲに恵まれなかった自分の無いものねだりの投影に他ならない。ダンサーなら誰でも憧れるドレッドロックスや、アフロ、ブレイズなどのブラックヘアーも合成画像みたいになっちゃう圧力ゼロパーセントの地味顔のおかげで、初対面の人にも容易くナメられてきたのだ。内面の反骨精神はそっちのけで、ビジュアル面のみであっさりな印象を付けられて得することは少ない。いつだって心のアティテュードは、ヒゲを沢山蓄えた、こってり濃厚顔なキャラクターのつもりだ。どうにも不毛な身の上話が長引いたが、今回の特集するUK SOULには特殊なシンパシー。その名の通り英国で産まれたコンテンポラリーなR&B/ソウル音楽は、大方"あっさり/爽やか"でその魅力を片付けられることが多いからだ。確かに、英国特有の風通しの良いトラックやヴォーカルの乗せ方は、最大の特徴の一つではあることはだが、それに終始してしまうのはあまりに惜しい。一見スルッとしている肌触りの内側には、US産のR&Bでは得難い程こってりしたブラックネスと言う名のヒゲがたっぷり生えている。そう、UKソウルは"こっさり"だから、天下一品なのだ。くだらないダジャレで締めてしまったが、セレクションには自信がある8曲。シャーデーやミーシャ・パリス、カーリン・アンダーソンといったベテラン(出身地は英国でなくとも、活動を主にしているという点で選出)から、新世代を担う注目のシンガーまで、誇り高き英国の魂を是非感じてほしい。"Deep UK SOUL 〜もう薄口じゃ済まさない〜" by Yacheemi on AWA

あした future is ナウ

僕らはいつだって、今を否定したい。アイツは売れてから変わったとか、巷で話題のあれは超ダサめだとか、とりあえずなのか熟考の末なのか、すんなりと今を享受するのは難しい。例に漏れず自分もそのタイプで、ハナから好みの人は除いたにしろ、爆発的な勢いでスターダム街道ど真ん中をいくアーティストの楽曲なんかは、色々な雑念が入ってしまって面倒だ。そういうときはきまって、受け入れられるまで静かに聴き流すのだが、やっぱり稀に我慢できなくなって「この曲キライなんだよね」とか「このアーティスト苦手なんですよね」と吐き出してしまう。するとどうだろう。言葉にしてから間も無く、突然その曲にドハマりしたり、嫌いだったはずのアーティストが急にカッコイイと自然に反応してしまう楽曲を発表しやがる。気まずい。あれだけ声高らかに宣言した手前、今さら撤回しようもんなら、手のひら返しのワック野郎というレッテルを貼られてしまうのではないか。そんな不安を抱きながら、コソコソと嫌いなアーティストの曲をディグし始めてしまっては、もう虜。やっぱり受け入れられるまで静かにしておけばよかった!と思う反面、これは言霊にしたからこそ気づけたことなのか。じゃあ嫌いな歌手に、嫌いなダンサー、嫌いなハッシュタグ、もっと口にしていけば、全部の事柄が好きになれるのか!俺は神か!しかしそれでは相手の事を好きになるころに、自分の周りに誰もいないだろう。あぁ、最初っから貴方の良さに気づいていたら、こんな後ろめたさなんてなかったのに。ナウい今にはナウいときにこそ、全力で。さて今回のプレイリストはここ1〜2ヶ月にリリースされたアーバン系新譜特集。イマに触れた、その先にある好き嫌いこそアイデンティティです。"今月の良質アーバン皿" by Yacheemi on AWA

踊れるB面J-R&B

自由の喜びと、制約の楽しさ。ダンスで言い換えるならば、フリーに用いる己のセンスと、立ち返るべきベーシック。解き放つためにも、プロセスが必要なんですねぇ。というわけで先週末は渋谷にて、日本語R&BオンリーというテーマでのDJをお誘いいただき、縛りの楽しさを堪能して参りました。初めて買ったCDがUAとYEN TOWN BAND(とTLCとBusta Rhymes)だったワタクシ、いわゆるそのブームど真ん中世代。本格的にダンスを始めることになったのも、いまや日本のトップチャートにおいても常連の名前となったソングライター兼R&Bシンガー、michicoサマの熱烈ファンだったことがきっかけの1つでありました。最近は眠っていた楽曲たちをライブラリを掘り起こしながら、近くにあったのに行き違っていた出逢いもあり、と沢山の再発見と向き合えた良いタイミングでした。毎度頭を悩ましながらテーマを設けて選曲しているわたくしのプレイリストの狙いも正にthat's it.斜めにみた制約の中で、リスナーの皆さんにささやかな再発見と、自由な音楽道へのヒントがありますように、、さて今回はそのイベントに際して、踊れるJ-R&Bをダンサー&DJ目線でチョイス。以前の特集で好評だったB面オンリーのラインナップです。Let me see you groove tonight!!"踊れるB面J-R&B" by Yacheemi on AWA

いま蘇るトキメキ80sサウンド

新年あけまして、気づけばもう10と幾日。正月休みというものも殆ど無く、ただひたすらに餅と酒にまみれるヤチーミ2017。今年も慌ただしくよろしくお願いします。さて新年一発目(本来は去年末に公開予定でしたが、、トホホ)のプレイリストは、今話題の80sサウンド・リバイバル。ムーヴメント自体は新しいものではありませんが、ブルーノ・マーズの新作における80年代後期〜90年代初期の完全なまでの再現とビルドアップは、若い世代はもちろんのこと、こと"楽しい歌とメロディー"に飢えていたブラック・ミュージック・ファンの目を一気に輝かせた瞬間でした。そんなあの頃の煌めきを現代にパッケージするアーティストを集めた本プレイリスト。一曲目を飾るのはワタクシがダンス&コーラスで参加させていただいているMIDNIGHT SUNのバンド・マスターG.RINAさん。今月11日に発売になったニュー・アルバム『LIVE & LEARN』は、鎮座DOPENESS、土岐麻子、田我流ら豪華ゲスト陣を迎え、プロデューサーとしての側面に光を当てた玉手箱のような作品。夢があって楽しくて、あったかいのにどこか切ない。男前に女心を研ぎ澄ます"シンガーソング・ビートメイカー"の名に相応しい大傑作です。本曲"close2u"のトレーラーPVが絶賛公開中ですが、バンドメンバーも全員集合したフル尺もまもなく解禁ですので乞うご期待。

ナナメ・グルーヴ 〜LightにMellow〜

世の中ナナメに見てみると、なかなかおもろい。ナナメの見方が同じ人と一緒につるむと尚更おもろい。ダンスと音楽漬けの毎日を送る中でシンパシーを感じられるのは、針の穴に糸を通すかのように細い胸キュンポイントを的確に突いてくる、鋭角の達人たちばかり。そういう人たちはきまって、自らの出自に自覚的であるし、それゆえにオリジナルとかジャンルレスと称されることが多い。主に海外で生まれたストリートカルチャーに魅せられた僕らにとって、現地のオリジネーター達の背中はいつだって憧れであることには間違いないけれど、それと同時に奥底に眠る、血と肉体が培った誤魔化せない自分が居ることもまた、事実だからだ。ナウい今の技術とタイム感の早さで、海外のソレと幾分も狂いない再現をできるダンサーは増えたかもしれないけれど、やんごとなきオリジネーターへのリスペクトとともに育むべきスピリットの方向性を間違えないように、言い聞かせながら探る毎日なんである。だってほら、英詞の直訳を並べただけでは詩心が生まれないでしょう。というわけで、今回は人気コンピシリーズLight Mellowに国産オンリーで自分が選曲するとしたら?なんていう夢のような妄想のもと集めた8曲。年代は2003〜2016。ブラック・ミュージックの影響下として語られる事の多いアーティストから、ポップスとしてのクローズアップが多いあの人の意外なスタイルまで、我が国のナナメグルーヴを堪能されたし。"Light Mellow的散歩日和" by Yacheemi on AWA

リズムで感じろ!変態ダンスホール

B-Side of Life

A面しかかけないDJが嫌いだ。社会の裏側をすり抜けるように生活している僕らにとって、B面を無視されることは、まるで自分の存在すらスルーされているような気持ちになるのである。誰しもが知っているヒット・ソングを脈絡なく並べてフロアーを盛り上げた気になるなんて、、あぁなんて色気のない!あのリミックス、あのエクステンデッド・ミックス、あの曲のインスト、、そうやって裏の溝を知り尽くした人こそ、逆にまた、A面の味わいをより深く知っているから面白い。いずれに飽きたら、もう一方に、戻ってみたり。そうやって僕らは人生のA面とB面を繰り返し裏返しながら回り続けているのかもしれない。そんな旅路のBGMは是非、僕が最も得意とする"踊れるB面ネオ・ソウル"をお供に。終わらないグルーヴを捕まえにいきましょう。1. Stoplayin / Musiq (Soulchild)今回のテーマに恐ろしいほど始まるアーティストと言えばこの方。特にCarvin & Ivanを始めとするフィリー・ソウルの安心印が名を連ねた初期作品はシングル以外も聴かなきゃ損。こちらは"Just Friends (Sunny)"に並んでダンサー人気も高い一曲。この"タメ"のこそが、踊れる秘訣です。2. Nostalgia / Hil St. SoulUKソウルの老舗レーベルDomeから1999年のデビュー以来、現在までに4枚のオリジナル・アルバムを発表している男女デュオ。名カヴァー"Until You Come Back To Me"を収録した処女作から、タイトル通りどこか懐かしいパーティー・ソング。歯切れの良いカッティング・ギターが最高。3. P.Y.T. / Noel Gourdin"The River"で一躍R&B好きの間に名を馳せたノエル。由緒正しきクラシックなソウル・マナーを持ったその歌声は、ここ日本でももっと騒がれて然るべき才能である。2014年作の"No Worries"のリミックスでは前述のヒル・ストリート・ソウルとも共演している。4. Scared / Amp Fiddlerデトロイトから長きにわたり音楽シーンを支えてきたベテラン・キーボーディストによる超絶縦ノリファンク。このビートで頭が振れないヤツとは一緒に踊れない。11月には御代ジョージ・クリントンと共に来日することも(ひっそりと)決まっているゾ。5. Grown / Truth Hurtsラキムを迎えた"Addictive"が大ヒットし過ぎたせいで、他の楽曲の印象が埋もれがちな彼女だが、アフターマス周辺の製作陣が集結したデビュー作はどの曲もヘビー級のパンチ力。ミックスをドクター・ドレーが担当した本曲は、現在WAPPERさんとのショー音源としてもお世話になっています。リリックも痛快。6. My High / Yeroウェッサイ絡みで、2001年ドレーやスヌープ、DJプー等が出演したコメディ映画『The Wash』サウンドトラックからの一曲。無名のシンガーだが、ブライアン・マイケル・コックスとジョンテイ・オースティンの黄金タッグが手掛けたということで楽曲のクオリティーの高さにも納得。昨年WDCで来日したフレンチ・ポッパーCreestoも使っていましたね。7. One More Day / Glenn Lewis①のミュージックと並び、スティーヴィー・チルドレンとして喉を唸らすカナダ出身のシンガー。Andre & Vidalが全面バックアップしている点でも共通している両者だが、ミュージックにも全く引けを取らないこんなにも素晴らしいアーティストが、今までに2枚のアルバムのみとは!何とも世知辛い音楽業界です。8. So Lady / Mary J. Blige feat. Raphael Saadiqラストの締めはクイーンにお任せ。2005年作『The Breakthrough』から③と同じくラファエル・サディークがプロデュースした可愛らしい一曲。こういった抑えめな時の方が好きかも、と思った矢先に新曲"Thick Of It"を聴いて、やはりこの人は"痛み"のスペシャリストだと再確認。次作は凄いことになりそうです。"踊れるB面ネオ・ソウル" by Yacheemi on AWA 

余白